ナビゲーション

バナース










トップ








免疫
というのは「疫(病気)」を「免れる」など
病気にならないように体を守る仕組みのことです。
体には病気を引き起こすさまざまな細菌やウイル
スが侵入したり、細胞が変異を起こしてがん化し
ていくことがあります。こうした体にとっての異
物を排除しようとする仕組みが免疫力というシス
テムです。そして、この免疫力を研究し生まれた
のが免疫療法です。


現在、免疫療法にはいろいろな治療法が存在してい
ます。そこで、仕組みの違いから免疫療法を大きく
次の2種類に分けています。


@がん細胞を攻撃する免疫細胞を増強する免疫療法。
Aがん細胞の反撃を阻止する免疫療法。


@の免疫療法は、例えば「樹状細胞ワクチン」や
「活性NK細胞療法」などのように、がん細胞を
攻撃する免疫細胞を大量に活性化させるものです。


Aの免疫療法は、「免疫チェックポイント阻害剤」
と呼ばれる抗体薬を使い、がん細胞や抗原提示細
胞によって免疫細胞にかけられたブレーキを解除
したり、ブレーキをかけられないようにしたりして、
免疫細胞の活性化を損なわないようにさせるものです。


@の免疫療法は、患者さまご自身の免疫力でがん
細胞を撃退するため副作用はほとんどありません。
まれに、強い免疫反応により、37℃〜38℃の高
熱が一晩ほどでることがあります。

Aの免疫療法は、抗がん剤のように直接がん細胞
を攻撃する薬ではありませんが、炎症などの副作
用はたくさん報告されています。



これからの免疫療法 ― コンビネーション治療
健康な人でも毎日数千個の異常な細胞が生まれると言われています。
それでもがんにならないのは、免疫細胞の働きにより異常な細胞が常に見つけられ、
排除されるようになっているからです。

異常な細胞が免疫の監視をかいくぐり分裂を繰り返し、
がんと診断されるころには、がん細胞を攻撃する免疫細胞は、
数が少なく疲弊してしまっている状態、
もしくは活性化していない状態と考えられます。

患者さまの免疫機能を最大限に引き出してがんと闘うには、
がん細胞を攻撃する免疫細胞を増強しつつ、
活性化を妨げるブレーキを解除するという
2種類の免疫療法を組み合わせて行う
コンビネーション治療、もしくは、
標準治療でがんを取り除き、
免疫機能を増強する免疫療法を組み合わせて行う
コンビネーション治療という考えが、
これからのがん治療の主流になると考えられています。
東京健康クリニックでは、このコンビネーション治療をご提供しています。


がん免疫療法

がん免疫細胞療法は、自分自身に備わっている
”免疫システム”によってがんと闘い、克服を目指す治療法です。

免疫には主に2通りあります。
予防接種のように攻撃対象を
記憶させることで得る免疫を「
獲得免疫」、
異物なら何でも撃退する生来の仕組みを「
自然免疫」と言います。
当院のがん免疫療法は、獲得免疫で特定のがんを攻撃する
「多価樹状細胞ワクチン療法」と、
自然免疫を強化する「活性NK細胞療法」です。

患者さまに合わせ、これらを組み合わせて治療を行っています。
いずれの治療方法も、正常細胞は破壊せず、
がん細胞だけを狙い撃ちする「分子標的療法」です。
患者さまご自身の免疫力によって細胞レベルでがんを攻撃するため、
副作用はほとんどなく、QOL(生活の質)を維持したまま治療を続けることが可能です。








多価樹状細胞ワクチン療法
樹状細胞ワクチンは、
がん細胞のみを集中攻撃します。

樹状細胞とは、体内に存在する、免疫の司令塔です。
多価樹状細胞ワクチンは、樹状細胞が持つ優れた
「抗原(がんの目印)提示能力」を活用した免疫療法です。
樹状細胞は、体内でがん細胞を攻撃する
「T 細胞」という免疫細胞に、
攻撃の標的となる目印の情報を与える役割を担います。
目印の情報を受け取ったT 細胞(CTL:細胞傷害性Tリンパ球)は、
この目印を持つがん細胞だけを標的として、集中的に攻撃します。
正常細胞は攻撃しないので副作用がほとんどなく、
身体への負担も少ないため、
ステージの進行したがんでも治療が可能です。
また 分子レベルでがん細胞を見極めて攻撃するため、
外科的な除去が難しい浸潤性のがんや、
発見されにくい微細ながんにも効果が期待できます。




治療の流れ

外来通院で治療が可能です。

当院では1回のワクチン生成に、患者さまの血液を25ml採取し、
単球という細胞を分離し、増殖させてから大量の樹状細胞を培養していきます。
そこに、患者さまご自身のがん組織や人工抗原(長鎖ペプチド)で
がん抗原を取り込ませ培養していくことで、多価樹状細胞ワクチンを完成させます。
それをがん患部に関連したリンパ節近くに皮内注射して、キラーT細胞に加え、
ヘルパーT細胞にがんの目印の情報を伝え、がん細胞を攻撃させます。
1クールの治療期間は3ヶ月となります。基準治療工程は、
2週間毎に採血とワクチンの投与で、計6回を推奨しています。
お体の状況に合わせて医師と御相談いただけます。