ナビゲーション

バナース










トップ





東京健康クリニック 医療セミナー

 

〜 悪性新生物「がん」治療から予防へ 〜

 

日本人の死因は1980年代に入り、それまでの脳血管疾患からがんが死因の1位となってきました。

がんは高齢者ほどかかりやすいので、長寿社会ではがんが死因のトップに立つのは仕方がないのかもしれません。

しかし2000年以降、高齢化の影響を除いた年齢調整の年次推移では、がんの死亡率は減少してきています。また、
がん患者の5年生存率は伸びてきているにも関わらず、死因は1位であり、未だに怖い病気です。がんになる原因として
遺伝によるもの、生活習慣によるもの等、原因は様々です。
これまでの3大治療法(手術、化学療法、放射線治療)の他に
どのようながん治療があり、また、がんにならないようにする為にどのように対策をしていくのかについて、
新しい治療法をふまえて、院長の白鳥がお話しします。

 



【日 時】201761日(木)13時〜13時半

 

【会 場】東京健康クリニック 

東京都港区西麻布3丁目66号 

 

【講 師】白鳥昌利 医療法人社団山松会 東京健康クリニック 院長

 

【参加費】無料

 

【お申し込み・お問い合わせ先】東京健康クリニック

TEL03-3449-9029(受付時間 9:0012:3013:30~17:00 月曜〜木曜)

メール:tkc@sanshokai.jp

参加者名、連絡先電話番号、参加人数を記載してご連絡ください。